coping’s blog

タイトルのまま

缶コーヒー

肌寒く、毎日が不安だった。昼食の味もわからず、空腹もなく。小さな、小さな自己満足は、誰もが着ていた白衣とマイナーな職種であったこと。しばらくストレスが原因の症状で史上最強に痩せて、ようやく昼食が楽しめるようになった先には、3つの試練があり、最後の最後まで続いた。この出来事、今ようやく理解できるかも。バカヤロウだったと。

広告を非表示にする