coping’s blog

タイトルのまま

私ではない

自身が心を開くことで、それがこんなにも受け入れられ、守られていると実感できるなんて。

生き直しているようだ。

先祖から家族の人達が何層にもなって造られ、存在している私。

その結集というものは荘厳で魅力溢れるもので、誰にでも平等に存在していて、誰でも愛される存在ということなんだろう。

広告を非表示にする