coping’s blog

タイトルのまま

屈辱

簡単に考える。


自分の話しができない。


自分に集中できない。


客観視できない。


中心に怒りや恨みがある。


それこそが、その人の問題。


この程度の屈辱で、送り出せること

ができるのは、今までの力で精一杯やったから。この程度の屈辱でとどめることができた。


これからは、この程度の苦しみを感じることがないように、彼を通して神様が与えてくれた経験だ。


この関係性で、やる必要なかっことを、これから徹底してやらないことだ。


広告を非表示にする