coping’s blog

タイトルのまま

愛の讃歌

その時々で、よく似た感性が呼応し合う思い出があれば、いつになっても、つながっていられるものだ。

広告を非表示にする