coping’s blog

タイトルのまま

大丈夫

そのように導いてくれたのだ。 自他共に害のない判断。

15年

あの衝撃から15年。

安心感

信じる、お任せができた。 5年もかかった。 トップは、なんて孤独なんだろう。

現実

今日が予定の第1日め。昨日の投資もしっかり休むために良かった様だ。もう一つの居場所となるために集中するのだ。

偶然

それとも以心伝心? こういうのを◯◯のタイミングというのだろう。いがみ合うことがあっても、頑張ってきたことは互いの共通点。だから、あの人の記念がこんなにも嬉しいのだろう。

この疲れは

ストレスだったのだ。 何事もないのに、一緒に過ごすだけで気をつかっている。

シフト

拾ってしまうことは無力である。 即、与える側に立とう。

fresh mind

痛みとの格闘をなんとか客観視すること30〜40分。そして、残り3分くらい?終わり際に、突如ピュアなゾーンに。 頭ん中軽くなる。

未体験ゾーン

休日、朝も早よから出かける人がいる。 こんなイベントごときで眠れず、久々不眠の眠気。これから旅行なんだったらいいんだけど。未知の領域に初参戦。何が起こるのか?

喜び

ドキュメンタリーな7年、そして7年たった今が一番仲がいい。 ドキュメントがあったから、それが良かったということを伝えてくれた。

自由

何をするにも手をあげて、ルールがはっきりしている世界から、巧妙にスルーしてしまう人がいる世界は、その人にとって本当に難しいのだろう。人は人、自分は自分という境地になれると、居場所をつくれるのかな。

AID

仕事をしていて、このような時間を持てるのは、今までは恥だったが、不利なバランスの中でやっている歪みがでてきて、今や権利と感じる。それを行使する自分の役割は、バイザーに対しあくまで正直であることだ。

簡単じゃない

体験にもとづいて、飾らずに20分弱。 ノンフィクションだが、話を組み立てることは難しい。全身全霊の後クタクタ。

うすれていく感じ

お腹いっぱいになり、カラダはお休みモードに向かっている。 嫌な感じが不思議とうすれていく。

何年たっても

何回やっても、緊張するし、不全感に襲われる。ここ最近は、周りの専門家と比べてしまうのと、目の前の人達がどんより見えてしまうから。そんなことで、明日もドキドキで、少しだけワクワク。

過敏

これは、長年抱えている悪い記憶が作用していると実感する。 一昨日の一件があって、迎えられた今日の平穏。 本能的に構えてしまう自分を許そう。

聴く

それだけでやさしい気持ちになれる。 今日みたいに風が気持ちいい日も、台風の日も、いつだって心配してくれた。

かのように

本当に人のことどころではないと思いつつ、差し出すことを試している。 これっぽっちの憐れみのために。

やりきり

また、休みがやつてくる。 相手も自分も同僚も、よく持ち堪えたね。

意識

すこしでも大きく見せようと。 5パーセントしか働かないんだから、もっと有効に使わなきゃ。

休日

感謝、感謝でいっぱいの日。

何にせよ

堰きが取れて流れた。 受け取らなかった結果かな。

受け取らない

無視も、悪口も。 すると相手に返るという。

中和されている

休日。散歩。お茶。

こういう感じは

3〜4年になるかな。 じわじわと上げていきたいな。

余韻

休みが終わってしまうのが、名残惜しい。

あさ清掃

カラダはすっきりしないが、ルーティンは終了。

あさいち

S.E.M至福。呼吸良好。 分相応で、従い、ボスでゲーセン。

お腹いっぱいで

いやな気分は、薄れていくかのようだ。

同じ

良くも悪くも似た特徴を持った者同士なのだ。 少し前までの自分の状況を思えば、ちっぽけなことで、そしてまた、こうしたことも風化されたり、中和されたり、忘れてしまうのだ。

避けられる

受け入れるのみ。 それだけなんだけど難しい。 物差しが必要。

ゆっくりと

ピッチャーのモーションをあれだけゆっくり見たのは初めてで。 優雅な休日を満喫したな。 ありがとう。

どちらも

片手間にはできない。 一方は、投げ出したいほど重荷だが、元手のためには何がなんでもやり通さないといけない。 これがやり通せたら、何もいらないほど満たされるんだろうか?

リセット

そうかい、そうかい。 はい、頑張れ!

不思議な日?

周波数がピタッとして。

惜しい

寝てしまうのが。

有意義

楽しかったし、職場は平和で、平凡でキラキラな一日。

待つ

あきらめること。待つこと。

今日も

アタマイタイ

どこ行っちゃうの?

多様化。だから存続しているのだろう。 いつまでやったんだって思われようが、これが自分の生業だから。

今の引っかかりは

そういう自分が許せないからだった。 相手が謝らないことが許せない。 相手も怒りを受けて屈辱で怒りの中にいるか、それを感じないように強がっているかのどちらかで、自分が明らかにとつちめたのだから、それでよしとしなければ。 本当によく乗り越え、頑張…

忘れてしまうほどに

好きなように過ごそう。

凄い

セオリーを持ちながら、あったかく展開していった。それに付随するように、こころが溶けていったのだ。 しっかり個別で構築して 全体のルール そして、自分を許す。

あらためて

今日一日は、幸せである。 無知であることも、また、幸せだった。 ということは、涵養に関しなることのみ。

初心にもどる

なんの根拠も、自信もない。 あったのは、わずかな不安とはかり知れない喜びだけだった。

最近、

やけに彼女を思い出す。 今もECが流れていて。。。

缶コーヒー

肌寒く、毎日が不安だった。昼食の味もわからず、空腹もなく。小さな、小さな自己満足は、誰もが着ていた白衣とマイナーな職種であったこと。しばらくストレスが原因の症状で史上最強に痩せて、ようやく昼食が楽しめるようになった先には、3つの試練があり、…

バランス

あちらをたてればこちらがたたぬ これでいいのだ

ありがとう

今日伝えてきたことは、必ず実行する。

行ってこよう

できることをやる。 必ず14時30分までに戻る。