coping’s blog

タイトルのまま

今は

あの当時は火傷しそうに煮えたぎっていたけと。まるで自分と同じ人なんだと思う。

もらえた

出来るだけ、正直になり。 暖かさ、安心、愛。

どう転ずるか

そう時間はかからないかもしれない。

8割

リフレッシュ。正味1時間。昨日、1時間読み違えたりしたけど有意義な半日だったように。

嫉み

浮かれているとしか思えない。

危機

このシーズンは、酷い騒ぎにしてしまう。

感謝

初めての事や、旧知の人と新しい関係を築く事。不安があったが、とても、とても喜んでもらえたことで、自分が助けられた。

さらに

重い。皮膚科に行けた。

初日

重い。探し物が見つかった。

タスク

これで終了としたいのに、また次に、また次にとつくっていくのは、自分だけの運用ではない気がする。

おもいだして

一番の脅威は、臆病。

ちょっと待て

自分の方がバカにしていた。それは、きっとまるであの人のエピソードのようなものだ。だけど、そう思えないということなのだ。

凄い

ハンコを100個押してあげたい。 あとはもう、あれもこれも○なことばかり。

情熱

今年に入り、2人めの素敵な人と出会えた。

信念

自分の時間をキープするために、時間を捧げて、時間をもらった。

決心

よく堪えて通過した。それがどんなに激しいものでも、もう、その思いを引きづることはしないのだ。

一瞬

静観する。

努力

誰に対してもいい人であり続け、自分の立場を死守して痛めつけているから、人を踏みつけていることに気づかないのだ。全く信用ならないため、すべきことは、余計なことはいっさい吐かず、一点の申し立てを伝え続けること。それのみ。

頑張れ

いかに、連休を過ごすか?

こんな時こそ

励ます、励ます、励ます。 ちょっぴり良いことあり、励まされる。

頭痛い

靴のせいなのか?あの場では、誠実に聴ききれなかった。正直になれたからそれで良し○

良い事

できる人は、自他を理解できる人。 あのような対応によって、どれほど救われたことか。出会う機会を与えてくれた全てに感謝。

危うかった

落ち着いて考えてみたら、言い訳まじりと罪悪感まじりの弁明だった。これを踏まえて、自分は、シンプルに、感謝の気持ちを伝えるようにしたいと思う。

ハマ風🎵

善行の後のしあわせ。

ゼロ

今日は、7割くらいの頑張りで○ 昨日のマイナス反応と調和してゼロになった感じだ。お疲れさん。

鼻につく

その人は、自分の仕事をしているだけで、感知しなければいいだけの問題である。

幻想

それでも、現れてくれた。30周年のお告げのように。

湯治

とにかく、色々と摂取して栄養補給した。

大丈夫

他にやる事があるし、別にターゲットにされている訳ではないと思う。ひたすらチャージにつとめよう。

正直に

恐れずに。自分のコーヒーカップを満たそう。